仮想通貨のレバレッジ取引とは?FX・信用取引・先物取引の違いとは?

仮想通貨もFX(外国為替証拠金取引)と同じようにレバレッジをかけたレバレッジ取引をすることができます。

仮想通貨のレバレッジ取引にはFX、信用取引、先物取引の3種類があります。

レバレッジ取引と現物取引の違いとは?

FX・信用取引・先物取引に共通しているのはレバレッジを利かせて実際の資金以上の仮想通貨を購入することができる点です。これをレバレッジ取引といいます。

FX・信用取引・先物取引の違いを見る前にレバレッジ取引と現物取引の違いを説明します。

レバレッジと現物取引の違いは次の3つを抑えておけば十分です。

  • レバレッジ取引はレバレッジを利かせることができる
  • レバレッジ取引は売りから入ることができる
  • レバレッジ取引は送金・決済できない

まず一つ目はレバレッジ取引は文字通り、レバレッジを利かせることができます。例えばレバレッジ10倍なら資金1万円で10万円分の仮想通貨を購入することができます。

これに対し現物取引の場合はレバレッジを利かせることができないので資金1万円なら1万円分の仮想通貨しか購入できません。

二つ目はレバレッジ取引の場合は売りから入ることができる点です。現物取引の場合は仮想通貨を保持していなければ売却することはできませんが、レバレッジ取引の場合は保持していない仮想通貨を売ることができます。

売りから入れるメリットは下落相場でも儲けることができることにあります。ビットコインの価格が下がりそうな場面でレバレッジ取引をすれば下がった分だけ利益となります。

三つ目はレバレッジ取引で購入した仮想通貨を使って送金や決済することはできない点です。レバレッジ取引は取引所から資金を借りて取引をするのではなく、あくまで反対売買の差額だけを受け渡す差金決済なので現物がないからです。

FX・信用取引・先物取引の違いとは?

それではFX・信用取引・先物取引の違いを見ていきましょう。

仮想通貨のFXとは?

一般的にFXというと外国為替証拠金取引のことを指しますが、仮想通貨のFXには米ドルやユーロは出てきません。

仮想通貨のFXは、仮想通貨証拠金取引のことで、証拠金を預けることでレバレッジを利かせて仮想通貨の取引ができる仕組みです。

仮想通貨の信用取引とは?

信用取引というと株取引を連想しますが、仮想通貨の信用取引とは、仮想通貨取引所から預け入れた証拠金を担保に融資を受けてレバレッジを利かせて仮想通貨の取引ができる仕組みです。

信用取引は融資を受けている以上、返済期限がありますが、再借入れできる場合もあります。

仮想通貨の先物取引とは?

日経平均先物なんていう言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、先物取引とは特定の期日に特定の金額で売買する契約のことをいいます。

先物取引の場合は限月と呼ばれる満期日までに反対売買をする必要があります。

 

FX・信用取引・先物取引の3つは細かく見るとたくさんの違いがありますが、大きな違いは取引期限の有無です。

  • 取引期限がある・・・信用取引と先物取引
  • 取引期限がない・・・FX

レバレッジ取引のデメリット

仮想通貨のレバレッジ取引は少ない資金で大きな金額を動かすことができる点と売りからも入れる点がメリットです。

その反面、レバレッジをかけすぎるとほんの少し逆の方向に動いただけでも損失が膨らんでしまう恐れがあります。

またスワップポイント、借入手数料、レバレッジ手数料など名称は取引所によって違いますが、1日ごとに手数料がかかります。仮想通貨のボラティリティを考えると短期取引であればそれほど気になりませんが、長期間保有すると重くのしかかってきます。

仮想通貨のレバレッジ取引は①仮想通貨の値下がりが見込める場合②短期トレードに限定して上手く活用しましょう。

仮想通貨取引所のレバレッジ取引

主な仮想通貨取引所のレバレッジ取引対応一覧です。

上段:レバレッジ 下段:手数料/日

仮想通貨取引所 FX 信用取引 先物取引
Coincheck   5倍
0.04%
 
bitFlyer 15倍
0.04%
  15倍
0.04%
Zaif   7.77倍
0.039%
25倍
0.039%
GMOコイン 25倍
0.05%
   
BITPOINT 25倍
 0.035%
25倍
 0.035%
 
QUOINEX   25倍
0.05%
 
Bit Trade      
bitbank      
Bitbank Trade 20倍
0%
  20倍
0%
みんなのBitcoin   25倍
0.05%
 

コメントを残す