2大ハードウェアウォレット「Ledger Nano S(レジャーナノS)」と「TREZOR(トレザー)」の対応仮想通貨まとめ

仮想通貨取引所のハッキングで注目を集めているハードウェアウォレット。

利用者が多いハードウェアウォレットといえばLedger Nano S(レジャーナノS)とTREZOR(トレザー)の2種類があります。

Ledger Nano S(レジャーナノS)

Ledger Nano S(レジャーナノS)は、USBトークン型のハードウェアウォレットです。

ウォレットについて詳しく知りたい方は下記の記事をご覧下さい。

 

対応仮想通貨

Ledger Nano S(レジャーナノS)で保管できる仮想通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BTC)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • リップル(XRP)
  • ダッシュ(DASH)
  • ストラティス(STRAT)
  • コモド(KMD)
  • アーク(ARK)
  • エクスパンス(EXP)
  • ユービック(UBQ)
  • ヴァートコイン(VTC)
  • ヴィアコイン(VIA)
  • ネオ(NEO)
  • ステルスコイン(XST)
  • ステラ(XLM)
  • エイチキャッシュ(HSR)
  • デジバイト(DGB)
  • クアンタム(QTUM)
  • ピヴクス(PIVX)
  • ポスダブリュー(POSW)

Ledger Nano S(レジャーナノS)はどこで買えばいいのか?

Ledger Nano S(レジャーナノS)は素性の分からない業者から購入したり、中古品を購入したりせず、必ずLedger公式サイトか日本の正規代理店であるEarth Shipで新品を購入しましょう。流通過程で悪意のあるソフトウェア(マルウェア)やウイルスが仕込まれるリスクが高まります。

値段はLedger公式サイトなら79ユーロ(約1万500円)Earth Shipは15,800円となっています。Earth Shipの方が割高となりますが、数日で届きますし、日本のサイトなので安心です。

TREZOR(トレザー)

TREZOR(トレザー)はUSBトークン型のハードウェアウォレットです。

対応仮想通貨

TREZOR(トレザー)で保管できる仮想通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ダッシュ(DASH)
  • エクスパンス(EXP)
  • ユービック(UBQ)
  • ネームコイン(NMC)

TREZOR(トレザー)はどこで買えばいいのか?

TREZOR(トレザー)もLedger Nano S(レジャーナノS)と同じく、日本の正規代理店で購入しましょう。TREZOR(トレザー)の日本正規代理店はRISESTです。

値段はTREZOR(トレザー)公式サイトなら89ユーロ(約1万2,000円)RISESTは15,800円となっています。

Ledger Nano SとTREZORは仮想通貨で使い分ける

Ledger Nano S(レジャーナノS)とTREZOR(トレザー)はどちらが優れているかではなく、ハードウェアウォレットで保管したい仮想通貨で使い分けます。

メジャーな仮想通貨でいうと下記の差があります。

  Ledger Nano S TREZOR
リップル(XRP) ×
ネオ(NEO) ×
ネム(XEM) ×
モナコイン(MONA) ×

コメントを残す