仮想通貨のハードフォークとは?ビットコインはどこまで分裂するのか?

仮想通貨(暗号通貨)のニュースを見ていると“ハードフォーク”という言葉を目にすることがあります。“ハードフォーク”とは一体何でしょうか?ハードフォークが起こると仮想通貨はどうなるのでしょうか?

ハードフォーク(hard-fork)とは?

ハードフォーク(hard-fork)とは、システムの仕様変更に伴う分岐(派生システムの登場)が新旧で互換性のない形で行われることを指します。

これに対し、ソフトフォークとは、システムの仕様変更に伴う分岐(派生システムの登場)方法のうち、新システムと従来のシステムとの間で互換性を保ったまま分岐させる方法のことを指します。

ハードフォーク、ソフトフォークの“フォーク”はスプーンとフォークのフォークのことで分岐を意味しています。

ハードフォークはなぜ起きるのか?

ハードフォークが起こる理由は様々です。例えば、仮想通貨の仕様に欠陥が見つかった場合やブロックチェーンなど分散型ネットワークを維持・改善する場合などがありますが、いずれも仮想通貨の仕様をアップグレードする必要が生じた場合にハードフォークを行います。

ハードフォークが起きると仮想通貨はどうなるか?

ハードフォークが起こると仮想通貨はどうなってしまうのでしょうか?

下の図はある仮想通貨でハードフォークが行われたイメージを表しています。

仮想通貨は取引履歴が格納されたブロック同士がつながってひとつのチェーンのようになっています。あるタイミングでハードフォークが実施されるとチェーンが分岐し、従来のブロック(青)とは別のブロック(赤)が発生します。

ハードフォークは新旧の仕様に互換性がないので新しいブロック(赤)は新しい仮想通貨となります。つまりハードフォークが起きると新たな仮想通貨が誕生します。

これに対し、ソフトフォークは新旧の仕様に互換性があるため、一時的に分岐するもののいずれは新旧いずれかの仕様に統一されるため、新たな仮想通貨が生まれることはありません。そのため、仮想通貨の価格への影響はそれほどありません。

ビットコインのハードフォーク

ビットコイン(BTC)は2度のハードフォークによってビットコインキャッシュ(BCH)とビットコインゴールド(BTG)に分裂しています。

出所:CNET Japan

ビットコインは元々、現在のように決済に利用したり頻繁に交換したりすることを想定して作られておらず、取引量が増加するにしたがって処理時間が遅延するという問題(スケーラビリティ問題)が出てきました。

ビットコインキャッシュ(BCH)の誕生

解決方法をめぐってビットコイン関係者間で対立が生じ、ブロックチェーンの連鎖が枝分かれし、2017年8月にビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。

ビットコインキャッシュは1ブロック当たりの規模を大きくした(従来の1MBと8MBに拡大)ものでマイナー(採掘者)側が支持しました。このマイナー側をビットコイン・アンリミテッド(BTU)と呼びます。

一方のコア開発者(ビットコイン・コア)は、ビットコインの1ブロックに入れる情報を圧縮する方式(Segwit)を提案しましたが、これだとマイニング件数が減って報酬が減るため、マイナー側が納得しなかったのです。

ビットコインゴールド(BTG)の誕生

さらに2017年10月には香港のマイニンググループ主導で分岐したビットコインゴールド(BTG)が誕生しました。

ビットコインは中国の世界最大のマイニング集団がビットコイン市場を寡占的に支配しているという問題があるとされています。

本来は誰にでも開かれ、分散された技術であるはずのビットコインが、占有的なマイナーに支配されてしまうことで中央集権的な支配構造に陥っている現在のマイニング環境を改善するために開発された、新しいProof of Work(PoW)の仕組みを採用したビットコインがビットコインゴールド(BTG)です。

香港のマイニンググループは新しいPoWによって、スケーラビリティ問題を解決すると同時に、よりマイニングしやすい環境を目指したのです。

ビットコインセグウィット2x(B2X)は誕生するのか?

ビットコインの分裂はまだまだ続きます。従来のビットコインはデータの圧縮処理(Segwit)で問題を解決したわけではありません。ブロックサイズを1MBから2MBにする方式(Segwit2x)にするかどうかの判断を8月、11月と先送りにしました。

Segwit2xが導入されればビットコインセグウィット2x(B2X)が誕生する可能性が高く、ハードフォークは今後も注目のテーマとなります。

コメントを残す