GMOコイン(仮想通貨販売所)の評価・評判と使い方

GMOインターネット(東証一部上場)グループのGMOコインについてサービス・取引ツールから手数料、セキュリティ、評判まで一気に解説します。

GMOコインとは?

GMOコインとはGMOインターネットグループのGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨販売所です。かつてはZ.comコイン byGMOでしたが、2017年8月9日にサービス名が変わりました。

サービス・取引ツール  総合評価
取扱い仮想通貨   4.5
手数料   
スマホアプリ   
セキュリティ   
信頼性   

GMOコインのサービス・取引ツール

GMOコインは仮想通貨現物売買仮想通貨FXという二つのサービスを提供しています。

仮想通貨現物売買

仮想通貨現物売買とは、日本円でGMOコインから仮想通貨を購入することができるサービスです。

GMOコインは取引所ではなく、販売所です。ほとんどの仮想通貨取引所はユーザ同士が取引を行い、その仲介を仮想通貨取引所が行う取引所となっています。

しかしGMOコインはユーザ同士ではなく、GMOコイン自身が取引の相手となる販売所となっていますので500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立します

仮想通貨FX

仮想通貨FXは、レバレッジをかけることでGMOコインに入金した以上の仮想通貨を購入することができるレバレッジ取引です。

レバレッジは5倍、15倍、25倍から選ぶことができ、例えばレバレッジ25倍なら10万円を入金すると250万円分の仮想通貨を購入することができます。

また仮想通貨FXでは、仮想通貨現物売買と違い、いきなり売りから入ることができます。仮想通貨現物売買では必ず「買い」→「売り」という順番で取引をするので買った後に仮想通貨の価格が上がった場合だけが利益となります。

しかし仮想通貨FXでは「買い」→「売り」という順番だけではなく、「売り」→「買い」という順番で取引ができるので仮想通貨の価格が下がった場合でも利益となります。

GMOコインの取り扱い仮想通貨

GMOコインでは以下の4つの仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)

ただし、仮想通貨FXはビットコイン(BTC)にしか対応していません。

GMOコインの手数料

GMOコインの入出金手数料と取引手数料は以下の通りです。

入出金手数料

GMOコインへの入出金手数料は銀行、金額問わず全て無料となっています。

  日本円 仮想通貨
入金 無料 無料
出金 無料 無料

仮想通貨の預入・送付

ビットコインをはじめとする仮想通貨の預入・送付は全て無料となっています。

  預入 送付
ビットコイン 無料 無料
イーサリアム 無料 無料
ビットコインキャッシュ 無料 無料
ライトコイン 無料 無料

取引手数料

仮想通貨現物売買の取引手数料は無料ですが、仮想通貨FXの場合、ニューヨーククローズ(日本時間の午前7時)をまたいで建玉を保有した場合、建玉の保管費用としてレバレッジ手数料が建玉ごとに1日当たり0.05%かかります
例えば1BTC持ち越した場合、終値が30万円なら1BTC × 30万円 × 0.05% = 150円となります。

  仮想通貨現物売買 仮想通貨FX
取引手数料 無料
  • 新規注文/決済注文: 無料
  • ロスカット: 無料
  • レバレッジ手数料:建玉ごとに0.05%/日

スマホアプリ

GMOコインでは仮想通貨FX専用スマホアプリの「ビットレ君」が提供されています。全9種類のテクニカル指標が利用できるチャートや相場変動のタイミングを逃さないスピード注文が可能です。

 

セキュリティ

顧客から預託された金銭、仮想通貨は全てGMOコインの資産と分別して管理されています(分別管理)。

また仮想通貨の盗難対策としては以下の二つの対策を施しています。

ハッキング対策 仮想通貨の秘密鍵は、即時送付に必要な分以外、すべてインターネットから隔離された「コールドストレージ」にて保存しています。
即時送付に必要な分についても、一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる「マルチシグネチャアドレス」を採用しており、秘密鍵をセキュリティ構成の異なる複数の場所に設置し、リスク低減を図っています。
内部不正対策 内部による不正を防止するため、「コールドストレージ」管理の内部統制を行なっております。
「コールドストレージ」からの仮想通貨の送付には、技術的に複数部署の承認を必要とすることで、一部担当者の不正により秘密鍵が盗難されるリスクを防止する体制を整備しています。

GMOコインのインフラシステムは、24時間365日、常時監視する体制となっており、定期的に脆弱性診断等を実施しております。また、中小企業への無償サービスをはじめとした企業向けサイバーセキュリティ対策支援を数多く行う三井住友海上火災保険株式会社と連携し、サイバー攻撃への対策を行っています

信頼性

GMOインターネット(東証一部上場)のグループ企業だけあって会社基盤はしっかりしています。金融庁にも登録されており、関連協会にも加盟しています。

登録番号 関東財務局長 第00006号(仮想通貨交換業)
設立年月 2016年10月
資本金 17.58億円(準備金含む)
株主 GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社
Fitech Source,Inc.
高島 秀行                                    
加入協会 日本資金決済業協会
日本仮想通貨事業者協会
日本ブロックチェーン協会                                    

GMOコインの評判

GMOコインはGMOインターネット(東証一部上場)グループ企業であり、FXで有名なGMOクリック証券の運用ノウハウもあることから今後の成長が期待されています。今後はイーサリアムクラシック、リップルの取り扱いも始まります。

またレバレッジ最大25倍の仮想通貨FXの評判もよく、スマホアプリのビットレ君の使い勝手も好評です。

セキュリティにも力を入れており、安心して使える仮想通貨販売所といえるでしょう。

コメントを残す