知らなきゃ損!仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いとは?

仮想通貨を買おうと思って仮想通貨取引所に行ってみると「取引所」と「販売所」があって悩んだことはありませんか?

実は両者には大きな違いがあって仮想通貨投資の上級者は販売所と取引所を使い分けています。

仮想通貨の『取引所』と『販売所』の違いとは?

取引所と販売所の違いを説明する前に交換所という言葉を説明します。

これは改正資金決済法の中で仮想通貨の売買や他の仮想通貨との交換などを業として行うことを仮想通貨交換業と定義しているので仮想通貨交換所という呼び方が生まれました。

ただ仮想通貨交換所よりも仮想通貨取引所という呼称のほうが一般的となっています。

本題に戻って「取引所」と「販売所」の違いを説明します。両者の違いと端的に言うと取引相手が異なります。

つまりこういうことです。

  • 取引所・・・取引の相手が個人
  • 販売所・・・取引の相手が仮想通貨取引所

それでは取引所と販売所をもう少し細かく見ていきましょう。

取引所

まず取引所では仮想通貨を買いたいユーザと売りたいユーザを仮想通貨取引所が仲介します。取引所では仮想通貨取引所がユーザ同士の仮想通貨の売買の仲介をしてくれます。

下の画面はCoincheckの取引所の画面ですが、取引所では「板」と呼ばれる気配値が表示されていて、いくら(レート)でどのくらい(注文量)を買いたい、あるいは売りたいというユーザの注文が並んでいます。

販売所で仮想通貨を購入する場合は板を見ながら希望のレートと数量を指定します。

販売所

これに対し販売所では仮想通貨取引所が所有している仮想通貨をユーザが買ったり、あるいは仮想通貨取引所に売ったりします。販売所は文字通り、仮想通貨を販売しているお店ということになります。

下の画像は同じくCoincheckの販売所の画面ですが、販売所では買いたい仮想通貨の数量を入力するだけで自動で価格が決まります。

取引所か販売所かは仮想通貨取引所によってまちまち

多くの仮想通貨取引所は取引所と販売所の両方がありますが、一方だけしかない仮想通貨取引所もあります。

GMOコインなんかは完全に仮想通貨販売所ですので注意して下さい。

取引所・販売所が両方ある Coicheck、bitFlyer、Zaif
取引所のみ BITPoint、みんなのビットコイン 
販売所のみ GMOコイン 

取引所・販売所の両方を構えている仮想通貨取引所でもアルトコインはほとんど販売所取引となります。後述するように販売所取引は割高になりますが、Zaifはアルトコインも取引所取引が可能です

取引所と販売所のメリット・デメリット

取引の相手によって取引所と販売所に分かれることは分かりましたが、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

  メリット デメリット
取引所
  • 仮想通貨の価格が安い
  • 取引が成立しないことがある
  • 売買手順が若干複雑
販売所
  • 大量の注文も成立しやすい
  • 売買手順が簡単
  • 仮想通貨の価格が割高

取引所のメリット・デメリット

取引所では板情報を見ながら希望のレートと数量を指定する必要があるので若干手間がかかりますが、売り手と買い手の思惑が合致すれば売買が成立するので自分の希望の価格で買ったり売ったりすることができます

ただし大量に取引したくても売りたい人や買いたい人が少ないと取引が成立しないこともあります。

販売所のメリット・デメリット

販売所は前述の通り仮想通貨を売っているお店なのでお店の利益となる手数料が上乗せされています。その分、取引所よりも仮想通貨の価格が高くなっています。

ただしお店は在庫を大量に抱えているので大量に買いたい場合でも売りたい場合でもお店は期待に応えてくれます。

また価格はお店が指定してくるのでチカチカと目まぐるしく表示される板情報を見る必要がなく、希望の数量を入力するだけで売買することができます。

取引所と販売所の価格差

実際に取引所と販売所ではどのくらい価格差があるか見てみましょう。

上の画像は同時刻のbitFlyerの取引所と販売所の売買価格です。緑枠が売却価格で赤枠が販売価格です。

まず販売価格は、1,742,766円 – 1,708,734円 = 34,032円も差があります。

次に売却価格は、1,673,912円 – 1,709,500円 = -35,588円も差があります。

つまり販売所で買うと3万4,000円も損して、販売所で売ると3万5,000円も損するという訳です。

金額差は時間帯によってまちまちですが、これだけ差があるということは覚えておきましょう。

コメントを残す