分散型アプリケーション(DApps)とは?意外にもアレもDAppsだった!

仮想通貨投資をしているとちょくちょく目にするDApps。欧米では“ディーアップス”と発音するそうですが、日本では“ダップス”と呼ぶのが主流のようです。

今回はDAppsについて初心者の方でも理解できるよう簡単に分かりやすく解説しています。

分散型アプリケーション(DApps)とは?

分散型アプリケーションとは、英語ではDecentralized Applications(DApps)と言い、ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリケーションのことを指します。

Dappsに投資するAIMIA Inc. CEOのDavid Johnstonらの定義を参照すると、Dappsとは以下の要件を満たすものとされています。

  1. アプリケーションはオープンソースで提供され、中央管理を受けない自律分散型であること。またアプリケーションの変更などは参加者の合意の下で行うこと
  2. アプリケーションのデータと運用記録はブロックチェーンによって分散保存されること
  3. アプリケーションの利用にはトークンを用いること。参加者にはそのトークンによって報酬が支払われること
  4. ネットワーク健全性の維持に貢献した参加者に対して標準化された暗号アルゴリズムによってトークンが発行されること

出所:The General Theory of Decentralized Applications, Dapps

分散型アプリケーション(DApps)の活用事例

それでは分散型アプリケーション(DApps)の具体例をいくつか見ていきましょう。Dappsを使ったサービスには以下のようなものがあります。

1. ビットコイン(仮想通貨)

仮想通貨として有名なビットコインも、実はDappsに相当します。意外かもしれませんが、ビットコインは前述のDappsの定義を全て満たしており、完全なDappsです。

Dappsといえる仮想通貨はビットコインの他に、イーサリアム(Ethereum)、リスク(LISK)、ネオ(NEO)などがあります。

2. 分散型取引所(DEX)

中央管理者を置かず、仮想通貨保有者同士が直接取引を行うためのプラットフォームである分散型取引所(DEX)もDAppsの一形態です。

 

3. 分散型ストレージ

多くの方はDropboxやiCloud、Googleドライブなどを利用してクラウド上にデータを保存しているとおもいますが、このようなクラウドストレージは当然運営元の会社が管理しています。

これに対し、分散型ストレージはP2Pネットワーク上で分散的に管理していきます。ネットワークの参加者はトークンを支払うことで他のユーザーが提供しているストレージを使用することができます。逆にユーザーは自分の空いているストレージを提供することができ、その対価としてトークンを受け取ることもできます。

分散型ストレージ分野でのDappは、storj(ストレージ)、filecoin(ファイルコイン)、Siacoin(シアコイン)、EOSのStorageプロジェクトなどがあります。

4. ゲーム

DAppsと最も相性がいいのがゲームです。Dappsは透明性が高く不正の起こりにくいアプリケーションのため、ゲームとの相性は抜群です。Dappsゲームの多くはイーサリアム上で展開されています。

人気のDAppsゲームとしては、ペットを繁殖してトレードするDappsゲーム「Bitpet」、猫のキャラクターを育成・売買する「クリプトキティーズ(CryptoKitties)」、トレーディングカードゲーム「Nova Blitz(ノヴァ・ブリッツ)」、ポケモンに似たキャラクターの育成や対戦が楽しめる「Etheremon(イーサエモン)」などがあります。

Dappsの特性上、ユーザー間同士の取引が多く、それゆえゲームキャラクターが思わぬ高値で売れることもあるようです。

コメントを残す