仮想通貨とは?ビットコイン初心者にも分かりやすく解説しています

1年で価格が10倍にハネ上がったビットコイン。値動きの大きさに目をつけた株やFX経験者が足場を移している仮想通貨について初心者にも分かりやすく解説しています。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは、インターネット上で自由にやり取りできる通貨の機能をもった電子データのことです。海外では暗号通貨(crypto currency)と呼ばれています。

仮想通貨を支えるブロックチェーン技術とは?

通貨の機能を持った電子データと言うと、楽天Edyやnanacoのような電子マネーと同じもののように思えますが、電子マネーは特定の企業が発行・管理していますが、仮想通貨には発行主体が存在しません。

発行主体がないのに仮想通貨が成り立っているのはブロックチェーンという技術が裏で仮想通貨を支えているからです。ブロックチェーンとは、日本語では分散型台帳と訳されますが、ブロックの中に一定期間内の取引データが記録されており、その履歴がつながって1本のチェーンになっているイメージです。取引履歴は書き足すことしかできず、消去することはできません。そのためはデータの改ざんは不可能とされています。

発行主体がないのに仮想通貨が新規発行されるのはマイナー(採掘者)と呼ばれる人たちがいるからです。

マイナーはサーバーを提供して仮想通貨のブロックチェーンの維持に貢献しています。つまり、仮想通貨の取引履歴が適正なものかを判断し、ネットワークに承認する作業を行っています。マイナーはその報酬として仮想通貨をもらうことができます。

サーバーの維持には膨大な電気代がかかるのでマイナーは中国中心でしたが、2017年には日本でもSBIホールディングスやGMOインターネット、DMM.comがこのマイニング事業に参入すると発表しています。

仮想通貨は取引所で購入するのが一般的

もちろん個人でもマイナーになれば報酬として仮想通貨を手に入れることもできますが、今は取引所で購入するのが一般的となっています。

仮想通貨取引所ではメールアドレスを登録して本人確認書類を提出するだけで仮想通貨の取引を開始することができます。

取引所に入金して仮想通貨を購入するとウォレットと呼ばれる専用口座に資金残高が反映されます。入出金や売買のほか、ウォレット間の送金やウォレットを使った決済もできるようになります。

コメントを残す